下北沢MOSAiC店長 森本真一郎コラム第13弾『夏を満喫してるかい?』

LINEで送る

こんにちは。
下北沢MOSAiCの森本です。

夏ですね。
これを書いている今は、お盆真っ盛りです。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

MOSAiCのアニバーサリー月間(7月)もあっという間に終わり、もう8月に突入して半分を過ぎました。
早すぎる!

そうそう、前回のコラムでは『白フェス』のことについて書きましたが、終わってからとくに感想的なものを何も発信して無かったので、今回のコラムでは白フェスのことにも少し触れようと思います。

今年は三日間での開催、のべ900人のお客さまにご来場頂きました。
ありがとうございます!

白フェス三日間が終わっての感想は、

①スタッフが大変そうだった。だから来年はもう少しうまくやりたい。
②浴衣美人が多くて良かった。でも谷間美人は少なかった。
③MOSAiCって良いバンドがいっぱい出てるんだなー。
④お巡りさんが優しくなったなー。

という感じ。
三日間かなり濃かったです!

そしてなんにせよ、自分が一番楽しんだ。
店長が一番楽しんでどないすんねん!という話ですがなんですが、構わないんです。

いやー楽しかったー!

間違いなくMOSAiCの看板イベントになってきました。
嬉しいなあ。

そしてMOSAiCは先日、この白フェスに勝るとも劣らない新しいイベントの開催発表をしました。
それが10月に開催される『SHIMOKITAZAWA KNOCKOUT FES』です。

http://mu-seum.co.jp/journal/?p=780

MOSAiC企画による初のサーキットイベントとなります。(ライブハウス4店舗+弾き語りライブバー1店舗同時開催!往来自由!)
このフェスは、MOSAiCが普段定期的に開催している『KNOCKOUT』というイベントの拡張版です。

白フェスとはまた違い、次世代を担うバンド・アーティストが出演するイベントとなります。
つまり年齢層若めです。
初めてのことなので至らない点もあるかと思いますが、精一杯精進致しますのでぜひ遊びに来てください。

真面目な話はこのぐらいにして、、

さて夏なんですが、みなさん夏らしいことしてますか?

私はこの時期、テレビで甲子園の中継を見るのが凄く好きです。
毎朝の楽しみ。

なんというか高校野球って、どの試合も必ずドラマがある。
9回ツーアウトまで本当に分からない!
アルプススタンドで応援する少女の涙。

感動的です。

しかしだんだん決勝戦が近づいてくると、寂しくなってくる。

”ああ、夏が終わるなー”と。
”もう秋やなー”と。

甲子園を見ながら、私は俳句などつまんでみる。

「夏の朝 私のバットも 目覚めよし」

夏らしいことは特にしていない私ですが、7月後半に少し時間が出来たので築地へ向かい寿司をたらふく食べてきました。

最初に入ったお店は1貫600円とかでめちゃくそ高い。
入るまで値段が分からないから怖い。
味は回転寿司とさほど変わらない。気がする。

速攻でお店を出まして、次はもう少しリーズナブルなお店に。
そこでようやく安心して、エンガワだのハマチだのアジだのをしこたま食べたのでした。

これも夏とは関係ないのですが、7月8月と下北沢シェルターさんのイベントで、初めてのDJをやりました。
深夜イベントの、つまりチャラい感じのイベントです。

しかし二回ともテキーラで泥酔して、記憶を無くすという有様。
覚えているのは女の子に腕を組まれて、おっぱいを押し付けられて気分が良くなり、お酒を奢りまくって財布が空っぽになったことだけ。

でもあのおっぱいは良かった。
もう一回押し付けられたい。

デレデレしながら女の子の足を触ろうとしている私を、スタッフが動画を撮っていました。
翌日私はその動画を見ました。
そこに映っていたのは鼻の下を存分に伸ばした、ただのエロがっぱでした。

話は変わり、Facebookなど見ていると、昔の知り合いたちが続々と結婚や出産などしていて、驚かされる日々。

なんとも説明しがたい、特別な関係だったあの子。

あんなに二人でイヤラしいこととかいろいろいっぱいしたのに、君はもうお母さんなのね!と悲しくなる。
最後に「一回だけ!」とお願いしてみようかどうしようか悩んでみたり。

やはり不真面目な私は、いろんなことからどんどん置いていかれてるのかも知れません。
このままモヤモヤ、いや、ムラムラしたままで、私の夏は終わるのでしょうか。

え?旅のコラム?
今回は書く気になれないのでまた次回。


▶プロフィール
morimoto

森本真一郎

下北沢MOSAiC 店長 / Label Shiro 代表
1978年生まれ 兵庫県出身
中学卒業後さまざまなバンド活動を経て、2001年に全国を放浪。
上京後に加入したバンドが解散後、弾き語りでのソロ活動を開始。
2006年下北沢LOFTレーベル『おかげレコード』よりファーストアルバムリリース。
スタジオミュージアムにてマネージャーとして勤務後、下北沢MOSAiCの店長として就任。
現在に至る。
▶関連リンク
森本真一郎コラム一覧