【フェス特集】「明日フェス」で話題の”to’morrow”  現役大学生の企画力に迫る

LINEで送る

明日フェス最終フライヤー

音楽イベント”to’morrow”のひろせが、2015年10月3日に新サーキットイベント「明日フェス」を開催する。個人イベンターが多く存在する中、彼の強みはバライティーに富んだラインナップと、刺激的な企画力である。ライブハウスという枠組で出来る最大限の面白さを追求しつつも、ライブハウスに限らず、既存のスタイルにこだわらない斬新な企画を提示しているのが魅力の一つだ。

そんなto’morrowが開催するサーキットライブにはどんな夢が詰まっているのか?彼のこれまでの活動を踏まえつつ、明日フェスに向けてコメントをもらうことが出来た。


「音楽バカな大学生」が、音楽の明日を考えたイベント“明日フェス”

下北沢で今年から開催するイベント「明日フェス」を主催しているひろせと申します。僕は「音楽バカな大学4年」で、早朝はパン屋でアルバイトをし、お昼は神奈川県の大学に行き、夜はライブハウスでライブを観る日々を繰り返しています。

約2年半前にイベントの開催に初めて関わり、その後はライブハウスのイベントを中心としながらも、海の家でのアコースティックイベントや学園祭でのライブイベントを開催してきました。その他にもイベントのお手伝いや、趣味でDJをするなどして、音楽を楽しんでいます。大学4年という事もあり就職活動をしなくてはなのですが、ごらんの通りこんな事をしているので、10月4日から本気を出す予定です(笑)。お仕事ください(笑)。

さて、僕が今年初開催させていただく「明日フェス」について紹介させてください。僕は元々「to’morrow」というイベントを主宰しているのですが、その拡大版となるのが今回10月3日に開催する「明日フェス」です。

「to’morrow」というイベントは「音楽の明日」をコンセプトに、1回1回のミニテーマを決めて取り組んでいます。過去には、VJを取り入れて世界観を作り上げていく会や、とにかく音楽・ライブを楽しんでもらおうと「フロアライブ」を作り上げた会もありました。「to’morrow vol.3」は「ホテル飯島・リコチェットマイガール・ATLANTIS AIRPORT・Teen Runnings・PAELLAS・nano sound musium・Emerald」の7組が出演してくれました。この会は明日フェスにテーマが似ていて、普段はあり得ないけど、どこかお客さんにとって馴染めるポイントがあるであろう「ブッキング」をめざし開催したイベントでした。

このように、to’morrowは出演していただくアーティストの色はもちろん、どこのライブハウスで開催するかという事も含めて企画しております。

素晴らしいインディーズバンドはたくさんいる、でも触れる機会がなかった

インディーズライブハウスシーンは良いバンドが本当にたくさんいると思います。一人一人がよく遊びに行くライブハウスや、よく観に行くジャンルのバンド以外にも素晴らしいバンドはたくさんいますし、観に行けば好きになる事もたくさんあると思います。

ただ僕は、今のライブハウスはそうしたバンドと触れる機会が少ないのではないかと思っています。そして、普段観ないバンドを一人でも多くの人に観ていただくことで、「音楽の明日」に繋がるのではないかと思っています。お客さんが普段観れる機会がないバンドに触れるきっかけを作りたくて、明日フェスではサーキットという形をとりました。

明日フェスではたくさんのアーティストに出演して頂けるため、色んなタイプのバンドが集まります。是非、あなたが普段観ないアーティストを空いている時間にでも観て行ってほしいです。

ここが違う!「明日フェス」の見どころ

ただ、サーキットイベントをするのは普通すぎるので、色んな試みをしています!

(1)オープニングアクトをお客さんに選んでもらいました
フェスのオープニングアクト募集、よくある事だと思います。でも、明日フェスのオープニングアクトは演者からではなく、リスナーから「明日フェス」で観たいアーティストを公式的に募集しました。条件は「CDを流通していない」ただ1つです。応募来なかったらどうしよ..とか思っていましたが、本当にたくさんのご応募を頂きました。その中で1組「Gi Gi Giraffe」という「なんじゃこりゃ!」と言いたくなるようなアーティストがいたので、オファーし、無事に決定しました!

②明日フェスマーケットを作ります
当日の受付でもある、下北沢ReGBoX内に明日フェスマーケットというスペースを作成します!僕が直々にお願いしたクリエイターさんによる展示販売、そして様々なアーティスト様から頂いた無料配布の音源をメインに、お試しレコード視聴スペース、ミニ弾き語りライブなどお祭り空間にしていく予定です!

③そして、やっぱりライブです!
明日フェスではジャンルや年齢、活動地域など本当に各方面から様々なライブバンドを集めさせていただきました。改めてラインアップを見てみると活動地域が東京ではないバンドが、12組もいます(笑)。FOLKSとTHEサラダ三昧はなんと北海道のバンドです。この「なかなか東京で観れない!」というのも明日フェスのポイントの1つかと思います。

毎日のようにライブを観ている僕が全力オススメする26バンドを観てほしいです。そして、明日フェスではバンド毎に色んなライブの楽しみ方を体験してもらえると思います。

踊って、歌って、聴いて、それぞれのライブの楽しみ方を知って欲しいです

④最後に!
会場である下北沢MOSAiC→ReG→Basement Barは一本道です。
移動距離は端から端まで5分ほどと超近いわけではありませんが、迷いません!僕は重度の方向音痴の為、この迷わない形での開催を強く望みました!全国の方向音痴の皆さんご安心ください。明日フェスは迷いません!

「横にはみ出してみる」ことでわかるものがある

「明日フェス」は素晴らしい出演者に集まってもらえました。是非、1バンドでも好きなバンドがいるあなたに来てほしいです。「ちょっぴり横にはみ出してみる」そんなテーマで是非遊びに来てください。人生変わっちゃうなんて大げさな事は言いませんが、好きなバンド確実に増えると思います。保証します。

結局僕はあなたと一緒に日本のインディーズシーンを楽しんでいきたい、ライブハウスをもっと楽しくしていきたいだけなんです。その為に、今いるシーンから少し横に踏み出してほしい!あなたにとってもっともっとライブハウスが楽しい所になったり、一緒に笑い合える人が増えたり、音楽と関わる時間が今よりもっと楽しくなると思います!

そうそう、明日フェスに来てくれる方は、明日フェスのラインナップページからは、明日フェス出演者紹介というバンド毎のまとめを見る事ができます。出演者のルーツなど一問一答にもこたえてくれているので、是非チェックしてみてください!面白いと思います!

そして明日フェスで新しいバンドと出会ったら、是非、そのバンドをもう一度観に行ってみてください。またそこで新しい出会いがあるはずです。

10月3日「明日フェス」お待ちしております!遊びましょう!


▶ライブ情報
2015年10月3日(土) 『明日フェス』(東京)
会場:下北沢MOSAiC / 下北沢Basement Bar / 下北沢ReG / 下北沢ReGBoX(明日フェスマーケット会場)
開場・開演:12:00 / 12:30
チケット料金:前売2500円 / 当日3000円 ※高校生以下特典有(明日フェス内で使用可能な500円チケット)
出演者:asayake no ato / the equal lights / QOOLAND / GEEKSTREEKS / THEサラダ三昧 / DAISY LOO / THE TEENAGE KISSERS / ドミコ / PAELLAS / Balloon at dawn / ハラフロムヘル / Half time Old / Flying Izna Drop / For Tracy Hyde / FOLKS / the peggies / PENs+ / my letter / MARQUEE BEACH CLUB / メランコリック写楽 / johann / ユリイカ / LINE wanna be Anchors / Lucky Kilimanjaro / Rhycol. / Gi Gi Giraffe (OA)

▶関連リンク
明日フェス 公式HP 
10月3日開催の「明日フェス」でGEEKSTREEKS復活が決定!イズナ、写楽も出演に(2015年9月7日)