TRY TRY NIICHE アイディアマンが生み出す、新たなスタンダード

LINEで送る

バンドが売れたら、自分たちの曲がスタンダードになる

――ちなみにバンド名はなにが由来だったんですか?

たなべ:響き?

奥山:最終候補が、トライトライニーチェとスパイシーポムポムだった。

大樹:俺、今でもスパイシーポムポム好きなんですよ。あと、悲しみのパニーニってあったね。

――出てくるワードも可愛いし、ポップですよね。曲もポップだし歌詞もファンタジック性があるけど、そういうのが好きだったりする?

大樹:ディズニー好きですね。

たなべ:それは知らなかったわ。

奥山:嫌いではない。東京喰種はみんな読んでますね。

――漫画よく読むんですか?

たなべ:この3人(大樹以外)は漫画大好き。

大樹:暇があれば読むよ(笑)。

奥山:逆にここ2人(大樹と奥山)はゲーマーだったりする。ストーリー重視で。

大樹:そうだね。「最後の落ちこれ?」みたいなやつ好き。メタルギアソリッドとか。最後超泣いた。

――漫画にしてもゲームにしても大衆的なものだけど、ぐっと来るものはぐっと来るみたいな、そういうところに良さを感じたりするのかな。

奥山:変な言い方だけど、大衆的なものってあんまり良くないものみたいなイメージないですか?けど、そこを乗り越えていきたいですよね。大衆的かつ良いみたいな…何の話してるんですかね(笑)。

大樹:でも大衆的なやつは良いものなんだと思う。

――時代なのかもしれないですね。ちょっと前までは大衆的=良くないって風潮があったかもしれないけど、ここ1年2年ぐらいの音楽シーンはアンダーグランドをオーバーグラウンドに持ってこうとするミュージシャンが増えてきてるような気がします。奥山さん的にはそういう意識ってされてる?

奥山:夢物語だけど、「TRY TRY NIICHEってあのバンドね」ってなれば、うちらがやった曲がスタンダードになるわけじゃないですか。大げさかもしれないけど、日本のミュージックシーンを引っ張るような役割を果たせたらすごい嬉しい。

たなべ:最初に集まった時に「このバンドは売れたい」ってはっきり言ったんで、漠然と思うだけじゃなく、どういうバンドになって、どういう曲を作って、どうやったら売れるのかを考えて活動しようと思ってる。大衆にウケるものを作るのは必要なことだと思うし、そこは意識してやってます。

 

活動を開始する7月の段階で、来年5月までのスケジュールを考えていた

――11月29日には自主企画ライブもありますね。

ゆーみん:最初から11月頃には企画をしたいねって言っていて、年間スケジュールを早めに決めて、飽きられないためにもアクションしていけるように決めてました。

奥山:活動を開始する7月ぐらいには、来年の5月ぐらいまでの話は何となく決めてたね。

――ゆーみんさんは手作りのバンドグッズも作られています。昔からやられてたんですか?

ゆーみん:いや全然。バンド始まってから「こういうの作ったら面白いな」って。本屋で働いているんですが、店内に流行のアクセサリー作りコーナーがあって、これ面白いって思って立ち読みして、自分で作っています。
yumin
――初めてなのに器用ですね。プラバンのやつとかすごい可愛いしし、前からやってるのかなって思ってました。

たなべ:今度PVで出る小道具にゼンマイが必要だったんですけど、用意できなかったからゆーみんが木を削って作ったんですよ。

大樹:イメージを送って作ってもらったんです。色も塗ってもらって、アンティークな感じにしてって言ったらちゃんとやってくれて。

――ゆーみんさんのグッズも、これやったら面白いってアイディアを出して?

ゆーみん:先に見せた方が早いと思ったので、自分でいくつか作って、こういうの物販置いたらどうですかって確認しました。そこでOKが出て、量産する感じです。

――企画に向けていろいろ準備されていると思うんですが、企画以降も5月頃まで年間計画があるとおっしゃっていたので、今後の目標もある?

たなべ:来年はもっと大きなところへ行きたい。今年はニーチェにとってスタートの年だったので、来年はニーチェを知ってくれた人たちとライブもライブ以外のこともできたらいいなって思います。

ゆーみん:いろんな人に知ってもらいたいっていうのはあるし、知ってもらえた上で、個人的にはコピーバンドとかされたいな。

――では、コピーする方にポイントを教えてください。

ゆーみん:ギターの人がライブ中こける(笑)。

たなべ:それコツなんだ、完コピするには(笑)。

――そんな大樹さんは来年の目標いかがですか?

大樹:最初に集まったときは4人だったけど、やっていくうちにどんどん関わる人が増えていったので、来年は台風の目のように色んなものを巻き込んで進んでいけたらと思います。

奥山:みんな良いこと言っちゃうから残ってないんですけど、来年はフェスに出たいですね。今まで出演するライブは仕事の関係もあって本数が限られてたんですけど、その分だけ面白いイベントに出れたらいいなと思っています。その一番デカいところにあるのがフェスだと思うので、もっと大きなステージに出れるように、来年、再来年と出続けられるようなバンドになりたいですね。

――それに向けて11月29日のライブとCDと楽しみにしてます。ありがとうございました。


▶️関連リンク
TRY TRY NIICHE OFFICIAL HP

▶️リリース情報
1st EP『open the door』
11月29日発売開始予定
¥1000 (tax in)
1.さよならエイミー
2.メイ
3.それから

▶️ライブ情報
2015年11月29日(日) 渋谷LUSH(東京)
『TRY TRY NIICHE presents 「ニーチェと秋の味覚発見〜さんまの滝登り〜」』
OPEN:18:00 / START:18:30
出演:TRY TRY NIICHE / メランコリック写楽 / 空創ワルツ / swimy
料金:(前売券)¥2000
(当日券)¥2500