硝子越しの暴走×ROLLICKSOME SCHEME×phonegazer 女性ボーカルが語るガールズシーンとは

LINEで送る

女の子らしさが芽生えてからの、ファッションとアート性

やか:3月3日はアートやファッションも絡めたイベントになっています。さっき麻起さんから「普段ならお洒落もメイクもしたい」って話がありましたね。

チャン麻起:でも昔はあんまり興味がなかったな。高校卒業して、専門学校にいる間は楽器を作っていたから木屑まみれになってたんだよね(笑)。もう何を着て行ってもしょうがないみたいな部分があったし、学校も男の子ばっかりだったからGパン、Tシャツ、パーカーで過ごして来た。今は学生も終わって、バンドをやりつつも自分で自由に遣えるお金もあるから、ファッションにも興味があるね。

17825

ワイコ:私も高校の時はずーっと男みたいな格好してた。大学に入って目覚めたんだよね。Zipperっ子だったから、毎週原宿で誰かと遊んでたのを経て・・・結局疲れたっていう(笑)。

やか:やり尽くした感じ?

ワイコ:いや、これは音楽に関わるんだけど、バンドで自分の歌が認められるようになってから着飾る必要がなくなったのかな。わざと派手な格好をしたり、きゃりーぱみゅぱみゅみたいな格好をしてた時もあるけど、そういうのをする必要性がどんどん無くなっていって、もう上下ユニクロでいいじゃんみたいな。今は音楽と絵が描ければいいかなってテンション(笑)。

チャン麻起:この間見せてもらったけど、大学時代とか超可愛いもんね。あと、昔から見る写真ごとに髪の毛の色も違うし(笑)。

ワイコ:そうだね、今も変わらず髪色は変えたいね(笑)。

やか:もう、ファッションというよりアートが好きって感じですよね。

ワイコ:そうだね。服は好きなんだけど、ファッションとしての音楽や服なのかな。今度はファッションって言葉への抵抗が出てきたのかも。雑誌に載っているものよりはコレクションとか、作品として見たいなっていうのが強くなってきている。

31833

やか:絵はもうずっと描いてるんですか?

ワイコ:絵はむしろ音楽より長い(笑)。最近また絵に帰ってきたね。一時期は音楽をやりすぎて絵からご無沙汰だったけど、3歳くらいからずっと絵は好きで描いている。

やか:音楽にどっぷり入っていた時期からアートの方面に心が動いてきたのって、何かきっかけってありますか?

ワイコ:うーん…めちゃめちゃぶっちゃければ、そもそも音楽の捉え方に対して周りと自分で少し違ったんだなっていうことを分かってきたこと。自分はバンドをアートの方面で見ていたけど、世の中的にバンドはエンターテインメントなんだなって気づいて、若干の居心地の悪さを感じちゃった。私は作品として音楽を認めてもらいたかったから、そこはアート性だよね。多分エンターテインメント性だけを求めてしまったら、私はどこかで疲れて、歌うのも辞めちゃいそうだなって思ったから、好きなことを好きなようにやろうって部分に戻ってきた。今は一時期より、心の健康はいい感じ。

3月3日はアート性とエンターテイメント性を両方楽しめるイベントになっている

やか:今回3月3日でそれぞれ作品を出しますが、私も小さい時はよく家で一人で漫画描いたりしてたんですね。小5の終わりから小6くらいで、その作業が音楽に変わっていったですけど、ある時期から家での物作りより、外に音楽を聴きに行くことへ気持ちが向いてしまった。今回の出展の話をもらって、物作りへの気持ちを取り戻すきっかけになりましたね。一方で、麻起さんの言っていたカッコイイ音楽が好きだって話で、わたしも自分が聴いて本当に魅力を感じていたのはバキバキのロックだった。それはそれで、私の一つの体験なんです。物作り精神と、バンドにずっと憧れていた自分をどう両立しようかってことを最近は考えてますね。

CXeu6zSUoAAgaFF
ワイコ:どのバンドもいい意味で着飾れないバンドなのかな。わたしの場合は部屋で内へ内へ作り上げた曲や絵を出した時に、認めてくれる人がいることが嬉しくて今までやってこれている部分がある。狙って曲が作れることは一つのエンターテインメント性だと思ってるんだけど、それがよくも悪くも出来ない。故に、素直だと思うし、着飾っていない天然なものっていう意味で、そこが嫌味にならないと思う。3バンドの共通点ってそこなのかな?

やか:でも、こういう音楽はやりたいみたいなのはある。だから、そこを狙いたいな。

チャン麻起:3月3日は、そのエンターテインメント性とアート性のどちらも楽しめるんじゃないかなって思う。私たち以外にもひかるさんがいたり、メンバーが出展したり、最初に想像していた時よりも遥かに面白そうなものが出来上がっているからすごく楽しみ。今回は出展にもフォーカスを当てているけど、ライブもガッツリやりたいと思います。ライブをやって、3バンド共通で「これだったね」みたいなのが少しでも見えると、今後にもつながるんじゃないかな。

やか:女性ボーカルで、カッコよくて、世の中をずっと引っ張り続けているバンドって、どうしても男性ボーカルのバンドとの比率で比べたら、日本だけじゃなく世界的にも少ないと思ってるんです。だからこうやって3バンドで集まって企画をするのは、今いない女性ボーカルのシーンに食いつこうとしている、一つの挑戦だと思ってます。何かを作るっていうのは難しいかもしれないけど、アートも含めて、こんなに面白い渦が出来たぞっていうのが出来たらいいなと思います。

ワイコ:私は最近は絵もガッツリ描いていているんだけど、twitterとかinsatgramを見て絵の方からローリックを知ってくれる人もちらほら出てきていて、「ほら、入り口なんて何でもいいじゃん」っていうのが一番強い。入り口を広く作ってお客さんが最大限楽しめるものを作るっていうのが一つ。あと、多分みんな冴えないんだと思う(笑)。語弊があるかもしれないけど、ローリックのお客さんには、自分が女の子として生活しきれてない人とか、自分の性別を活かせていないことへコンプレックスを持っている人たちも聴いてくれている。男女関わらず自分の性に対してコンプレックスを持っている人たちの背中を押せる日になるといいな。「性別なんて関係ない、人間なんだから」っていう強みが伝わって、自信が持てるようなイベントにしたいですね。


▶ライブ情報
S__28008492
2015年3月3日(木)渋谷Lush&渋谷HOME(東京)
『春は桃の木 女は祭り』
【ACT】
硝子越しの暴走 / ROLLICKSOME SCHEME / phonegazer
【出展】
ひかるふぃ〜(Menoz) / あやころ/ はりねずみ / ワイコ(ROLLICKSOME SCHEME) / やか(phonegazer) /チャン麻起(硝子越しの暴走) / フクタハヤト(phonegazer etc) / ツタガワ(ROLLICKSOME SCHEME) / アディ(ROLLICKSOME SCHEME)
【フード】
しおん(ROLLICKSOME SCHEME)、葉月(硝子越しの暴走)
【時間】
OPEN 18:00 / START 18:30
【料金】
前売:¥2500 / 当日:¥3000 (共に+1drink )(物販券500円込み)

▶関連リンク
硝子越しの暴走 official HP
ROLLICKSOME SCHEME official HP
phonegazer official HP