集団パラリラ、4月から「少年らしさ」を胸にタイ王国へ移住

LINEで送る

集団パラリラが2015年3月7日に下北沢Daisy Barで行ったライブを最後に日本を離れ、活動拠点をタイ王国へと移すこととなった。

集団パラリラはVo.ジンを中心に2010年に結成され、どこか懐かしくも、キュートで明るいロックを鳴らすバンドだ。

ジンは以前にも世界一周弾き語りの旅をしていたという経歴があり、渡航後は結成当初からのメンバーであるDr.リカコと2人体制でタイを旅しながら活動していく方針だ。4月からのタイ出発を前に、メンバー2人からのコメントが公式HPに寄せられているので一部抜粋する。

「毎日の景色はまるで新しい世界で楽しい事ばかりではないですが発見の連続です。少年のように自由で、柔軟で、美しく、素直で、愛してもらえる。うるさくわがままで、無垢で、未来があり、夢中で、不思議で、無謀で、愛されたがりやで、最強の。そんな少年らしさを一生大事にして曲をつくっていけたらと思います。—— 集団パラリラ ジン」

「私は無知で、幸せでした。でも、これからはもっと幸せになれるかなってワクワクがとまりません。—— 集団パラリラ リカコ」

音楽活動を続けて行くと、音楽を諦める仲間が徐々に増えて行く。世間体、金銭面、精神面などで、若き音楽への夢を現実に阻まれることは多い。だが集団パラリラは諦めることなく、音楽を続けるための方法を自ら導き出した。

集団パラリラ公式HPのプロフィール欄には、ジンの口癖としてこんな文言が紹介されている。

「諦めた人達は上手な諦め方を伝えて来る。諦めた事の無い僕は夢を見る素晴らしさを伝える。”日本には僕が必要なんだ”。」

集団パラリラの挑戦は、私たちに衝撃と共に勇気を与えている。日本を離れても、日本の音楽を少年のように真っすぐな気持ちで鳴らし続けて欲しい。私たちはその姿を笑顔で見送り、遠い異国での活躍を見守り続けよう。

▶プロフィール
集団パラリラ(しゅうだんぱらりら)
明るく不思議なロックバンド!キュートでスウィートな楽曲たち!
どこか懐かしいサウンドを彷彿とさせ、摩訶不思議が続く。
揺るぎないまなざしがどこか可笑しい。
一度ライブを見たら、もう戻れない!!
▶関連リンク
集団パラリラ公式HP