LINEで送る

otozine_header_ok

[KAMABOKO STAGE] ソライアオ

KAMABOKO_ソライアオ アンコール
KAMABOKO_ソライアオ 2 KAMABOKO_ソライアオ

ピンッと張り詰めた空気のなか、いよいよラストのソライアオが始まる。今日この日を誰よりも待ちわびてきたのは、間違いなくソライアオ・木部(Vo)だ。小田原イズム2015の代表としてこの大きなステージをまとめてきた彼だが、ステージに立つとやはりミュージシャンだ。

〈9月26日 晴れ 小田原代表ソライアオ、始めます!〉

待ちわびていたのはソライアオを迎える観客も同じである。小田原アリーナの大きなステージを前に、四方八方から手が挙がり、歓声が湧く。1曲目「ラスタート」では叙情的なロックサウンドにメロディアスな歌が合わさって、観ているこちらも感情が溢れ出してくる。

ダンスロック調の2曲目「ノスパシクス」では会場全体が飛び跳ね、この体育館の床を揺らしていく。〈こんな何もないところに、たくさん来てくれてありがとう〉と、木部が改めて感謝の言葉を述べる。そして続く「アイズ」はエレクトロなイントロに、ボーカルのエフェクトとダンサンブルなビートで更に客を躍らせる。

待ってました! と言わんばかりに客が前方へ向かうのは4曲目の「アナザワールド」だ。ドラマチックな展開で、フェス感がどんどん増していく。ドラマチックと言えば、このフェス自体が本当のドラマチックだ。プレハブのようだったライブハウスから10年かけてこの大きなステージを開催したこともあるが、ソライアオというバンドもまたメンバーチェンジを繰り返してきたバンドだった。

しかし、そこで驚きの知らせが。今回のステージでサポートをしている元ソライアオの林(Gt)が、再加入するというのだ。会場からは大歓迎の拍手! こんなに嬉しいハッピーエンドはない。伝えたいことを全て伝えた木部は、少しスッキリしたのかラスト「フルール」で振り切ったように歌い上げていた。

アンコールでは小田原イズムのテーマソングを、小田原出身のバンドマンたちと披露。作詞は木部と、2q1の津久井が務めた。ギターに藍坊主・田中らも登場し、地元の学校の吹奏楽部・和太鼓部とコラボレーションした夢のあるショーに仕上げた。

〈来年また会おう〉と話した木部。約束の場所、小田原アリーナでまた会おう!

[Photo:小笹竜馬 Text:加藤彩可]

■ セットリスト
01. ラスタート
02. ノスパシクス
03. アイズ
04. アナザワールド
05. ファイター
06. フルール

en. 約束の場所〜Theme of ODAWARA IZM〜


[KAMABOKO STAGE] 藍坊主

KAMABOKO_藍坊主 KAMABOKO_藍坊主1_8

藍坊主は、押してしまったKAMABOKO STAGEで長らく待っているファンに対し、リハーサルから全力で「伝言」を歌い上げる。

ステージが真っ白に発光すると、同時に流れるSEに合わせて温かい拍手が起こる。ようやくメンバーの登場だ。渡辺拓郎(Dr)がドラムのビート弾ませ、それぞれが楽器をかき鳴らす。<小田原イズムー!>と勢いのある挨拶で全力の本編をスタートさせた。

hozzy(Gt/Vo)が〈1曲目、小田原の曲をやります。ホタル〉の声に、わっと会場が湧き上がる。”雨上がり 月が響きわたった 蛍田駅の空” と歌詞の中に小田原アリーナ会場の最寄り駅でもある”蛍田駅”のワードも入るこの曲。バンドアンサンブルの心地よさによって、小田原の風景が表現された1曲となった。

〈ありがとう〉の一言のあとに続けられた2曲目は「ハローグッバイ」だ。マイクだけを握り歌い上げるこの曲は、田中ユウイチ(Gt)のソロギターパートで一層激しさを増す。

田中が<こんばんは、小田原の藍坊主です!小田原イズムありがとうこざいます>と、10周年目で小田原アリーナ開催に祝福の気持ちを述べたあと、<小田原にこんなにたくさんの人が来てくれて嬉しい。小田原出身としての喜びです>とバンドの1人としてと、小田原出身者としての喜びを語っていた。

8月にリリースしたばかりのシングルから「降車ボタンを押さなかったら」を演奏すると、<久々の曲をやります。聴いてください「スプーン」>の声には思わず会場から<おお!>という歓声。 ぽろぽろと零れるようなギターのイントロから始まって、丁寧に歌い上げられる。hozzyが歌うキャッチーなメロを中心に、暖かさを保ちながらもサビで一気に押しよせる演奏が、たくさんの人の拳を上げさせていた。

最後の「星のすみか」では、伸びやかなボーカルが心地よく場内に響き渡り始め、田中のコーラスとともに鮮やかに、力強くサビまで歌い上げられる。ずっしり、かつ爽やかなグルーヴが響き渡った藍坊主のステージは、小田原愛が音楽から溢れ出しているようだった。これからの小田原イズムを、そして小田原という街を、どこまでも藍坊主の音楽の力で広げていける感じがした。

[Photo:小笹竜馬 Text:大和田茉椰]

■セットリスト
01.ホタル
02.ハローグッバイ
03.降車ボタンを押さなかったら
04.スプーン
05.星のすみか


[MIKAN STAGE] GLAM TANKS

KAMABOKO_GLAM TANKS_1 KAMABOKO_GLAM TANKS

モーニング娘の曲に合わせて入場。入り口から客をかき分けてステージに上がるメンバーもいて、否が応にもフロアが盛り上がる。会場全体のボルテージはどんどん上がっていくが、上がりすぎてなんとギターが故障してライブが中断するというハプニングが起こる。

その時、Baが意識していたのか、メインステージの藍坊主を観ようと、楽器を担いだまま、ステージを降りてしまう!!

<まだ、準備中!>と戻ってきたところでギターが直りかけるも、チューニングが出来ず、若干おかしいまま無理くり演奏に突入!

中盤は、<ノープラン>と言いながらもマイクスタンドを客席に置いて歌う、そして倒れこむ!とハプニングすらも持ち味に変えてしまう。メロコアを演奏する彼らの男気を十分に堪能できた時間だった事は言うまでもない。

[Photo:山下直輝 Text:ラフ]

■セットリスト
01.18
02.Gratin Boogie-Woogie
03.KFC
04.Moshi Moshi Mosi?
05.Thank You
06.What Is Your Style
07.Jenny
08.See You Again


[CHOUCHIN STAGE] 猿真似乞食

HIMONO_猿真似乞食1_1 HIMONO_猿真似乞食1

CHOUCHIN STAGEのトリとして登場するのは、この小田原で活動するパンクロックバンド、猿真似乞食だ。革ジャンを着た硬派な風貌は、体育館というシチュエーションには不似合いかもしれないが、そんなことお構いなしにストレートなロックンロールを繰り出していく。

<ようやく売れそうな曲ができた>と紹介した「ギラギラSUMMER WAVE」では、この日に向けて”小田原イズムギラサマ計画”と称してYouTubeに振付動画をアップしてきた成果を試すべく観客にタオルを掲げるように促す。Dr いくみのアニメ声とGt キョーへーの甘い声をフィーチャーしたこの曲での、タオルを使ったキャッチーな振り付けに、観客も一緒に参加して会場がグッと一体になっていく。タオルを持っていない観客には、100円ショップで購入してきたというタオルを配りながら、最後のサビではみんなで同じ振り付けをするシーンはとても愉快だ。

最後に<俺たち、なんでメインステージじゃねーんだよ>と冗談を飛ばしながら演奏した「明日を掴め~涙の哀愁マイロード・マイライフ~」も、ポジティブなエネルギーをアリーナいっぱいに振りまいて鳴り響いた。

10/18には小田原姿麗人にて、同じく小田原イズムに出演したTHE ワルダクミとのツーマンライブを予定している。小田原で活動するこの2バンドに興味を持った方は、ぜひ足を運んで欲しい。

[Photo:ハヤシサトル Text:堀中 敦志 ]

[HIMONO STAGE] Kyao

HIMONO_kyao1_1 HIMONO_kyao1
小田原イズム2015で唯一のアコースティックステージとなったHIMONO STAGEのトリを飾るのは、長年に渡り小田原イズムをスタッフや出演者として支えてきたKyaoである。

透明感の中に可愛らしさがある彼女の声は、耳の奥にスッと届く一方で、聞いた瞬間から虜になるような中毒性がある。MCでは明るく気さくに話すKyaoだが、曲になると女性らしさが際立つ。

「あの頃私は弱かった」ではゆったりとしたバラードを届ける。フェス終盤となり疲れが溜まった参加者を癒しながらも、歌詞では“好きな人に好きな人が出来て振られてしまう”という切ないエピソードを展開していく。

軽快なナンバーの「けむり」では、サポートメンバー早川(Dr)と2人で合わせるビートが熱量を帯び、アコースティックながらもグルーヴを産んでいく。心を浄化してくれる素敵なステージで、HIMONO STAGEの1日に優しさをもたらしてくれた。

[Photo:児玉駿介 Text:加藤彩可]

■ セットリスト
01. 雨の日に
02. あの頃私は弱かった
03. けむり
04. 藍色

[KAMABOKO STAGE]GOOD ON THE REEL

KAMABOKO_GOOD ON THE REEL_1 KAMABOKO_GOOD ON THE REEL
なんて素晴らしい表現力、そして希望を兼ね備えたバンドなのだろう。このライブを観たすべての人が幸せのかけらを手にできたに違いない。そう確信できる、本当に輝かしいライブだった。

<さぁ、素晴らしき今日の始まりです!>ステージ後方からの白いライトに包まれた千野隆尋(Vo)が力強くそう叫び、ライブは「素晴らしき今日の始まり」で幕を開ける。良き1日が始まるのを祝福するファンファーレのようなイントロが響き渡ると、千野がその指揮をとるかのように大きく両手を振りかざす。それに合わせてメンバーも強く足踏みをしたり、頭を振ったりして呼応し、メンバー全員が一体となって希望を織りなしていく。このメンバー同士の共鳴に、まず、心を動かされる。

続く「ゴースト」では、千野がギターの軽やかなメロディに合わせてしなやかに腕を動かす。その表情はとてもにこやかで、今ここでライブができているということを心の底から喜んでいるようだ。その笑顔は観客にも伝染し、客席にも無数の笑顔が咲いていった。

<人の温かさをたくさん感じとってください>というMCで披露された「エターナル・サンシャイン」を挟み、ラストの「ハッピーエンド」へ。

ドラムとベースが優しいリズムを刻む中、白いライトが再び彼らを照らし出す。”私達はいつでも ハッピーエンドを待ってるの”という言葉を千野が観客一人一人の顔を覗きながら丁寧に歌っていくのを見たとき、ふと思った。ああ、この曲は聴き手のお守りになるように歌われているな、と。聴き手のポケットに幸せの種をそっとしのばせるような優しさが、彼らの歌やメロディから感じ取れたのだ。

こんな音楽があるなら生きていける――聴き手にそう思わせるくらいの美しさと希望が、今日のGOOD ON THE REELのライブにはあった。彼らがくれたものたちは、この原稿を書いている今もなお、胸の中で鳴り響いている。

[Photo:小笹竜馬 Text:笠原瑛里]

1.素晴らしき今日の始まり
2.ゴースト
3.エターナル・サンシャイン
4.ハッピーエンド


[MIKAN]G.M.Family

MIKAN_G.M.Family1_1 MIKAN_G.M.Family1

神奈川県西湘生まれの強面なメンバーが続々とステージに登場すると、あっという間に会場が引き締まる。これからどんなパフォーマンスが観られるのだろうと心地よい緊張感が高まっていく。

すると低音が響くトラックに乗って繰り出されるリリックは、どの曲も前向きでメンバーの見かけとは真逆のストレートさがあった。熱い言葉の渦に、あっという間に引き込まれていく。

メンバーの中でも紅一点であるマイコが艶のある声で歌い、全身から溢れ出る優しさに、こちらの頬も緩む。

心を込めた温かなヒップホップは、私たちの気持ちを明るく、強くしてくれた。

[Photo:山下直輝 Text:ラフ]


[CHOUCHIN STAGE]SEIZE THE DAY

CHOUCHIN_SEIZE THE DAY_1 CHOUCHIN_SEIZE THE DAY
YouTube上に自作の動画を投稿するYouTuberとして数多くの動画を投稿する、たいぽんことTAIKI率いる4人組ロックバンド・SEIZE THE DAY。ライブ最後のMCで、TAIKIはこう語った。<ぶっちゃけYouTuberがバンドとかやってると、試されるんですよ。でも俺は本気でバンドをやっていきたいと思ってる。全員に良いって思われなくてもいいけど、もし少しでも良いと思ったらSEIZE THE DAYについてきてください>。この言葉が本気のものであることは、あの場所に居合わせた誰もが理解していただろう。それだけの説得力のあるライブだった。

彼らのライブからは<最高のパーティーをしよう!>との宣言通り、常に観る者をワクワクさせ、置いてきぼりを作らない、という心意気を感じた。終盤を迎え、バンドとオーディエンスの息も合ってきた頃合い。「サイレンサ」では自然発生したハンドクラップを、KOROSUKE(Gt)が<良いねみんな!>とすかさず絶賛する場面もあった。ロックでありながらも、すぐにノれる人懐っこさを兼ね備えているSEIZE THE DAYの音楽に、気付けば直前まで同スペースで行われていたアイドルのステージに熱を上げていた男性まで、体を揺らしていた。

MCでアナウンスのあったワンマンライヴは、12月20日渋谷TSUTAYA O-WESTにて行われる。少しでも良いと思った人は、チェックしてみてはいかがだろうか。

[Photo:ハヤシサトル  Text:イシハラマイ]
■セットリスト
01.アルイミ
02.ミスタスランダー
03.CMYK
04.サイレンサ
05.スターリー