• 2014年12月22日

2014年5月に1st mini album『ファーストドリンク』をリリース。
新たなスタートと、12月までリリースツアーで走り続けたL8Rに心境の変化を語ってもらった。


ーまず簡単な自己紹介をお願いします

Kaori(Vo&Gt):歌って、踊れて、お下劣なことが言える「L」「8」「R」でレイターです!

ー初めて見たときバンド名読めなかったです。

Jun(Dr):よく言われます(笑)。結成したときに当時18歳のメンバーがいて、18がつくものにしようってなりました。それで、調べていたら小文字で「l8r」って言葉にたどり着きました。最初は趣味バンドで集まったので、バンド名はどうでもよかったんです。

Kaori:「l8」で18ってみえるから。

Jun:俺とKaoriだけ趣味じゃなかったんですが、集まらないから趣味でもいいから集めようってことになったんです。結局は合わなくて他のメンバーが辞めたときに、「18」嫌だなって思って大文字にしました。

最近はライブをやっててすごい楽しい

ーL8Rは吉祥寺のイメージがありますが、それは理由があるんですか?

vo:単純に吉祥寺が好きだから。吉祥寺からあんまり出たくない(笑)。

ー今は好きな吉祥寺を出て5月22日から28本ツアーをやっていますね。

Jun:長過ぎました。次はサクっといきます…。

ーL8Rにとっては初めてのツアーですね。

Jun:俺はすごく面白いですね。ライブに対してのイメージが変わるよね。

Kaori:お客さんがどういう風に見えてるのか、わかるようになってきました。

Jun:最近それがあるから、ライブをやっててすごい楽しい。以前はやるのでいっぱいだった。

Kaori:そうそう。前は、投げっぱなしみたいな感じだった。

Jun:こなしてるような感じだったよね。今日やって、じゃあ次はどこどこで!って感じで。バンドやってるからとりあえずライブやればいいのかなみたいな。朝起きて歯磨きする感覚と同じ。今考えればそんな感覚でやんなくてもよかったなって思います。

Kaori:そうだね。ただライブやるだけみたいな。やった内容はなんだかよくわかんなくて。

ーライブがどうあるべきかという意識が変わったといことですね。

Kaori:はい。ライブの楽しみ方というか。全体的なやり方だったり、交流だったりね。今日出会うバンドさんとお客さんとどこまで飲みに行く仲になるかというのもちょっと考えない?(笑)。

Jun:考えたこともある。

Kaori:飲みに行けるかというか、深い仲になれるかって意味ね。

ーリリースしてツアーをまわって、その手応えはどうでした?

Jun:自分たちが思ってるよりも反応が良かったです。でも、リリースが初めてで何やっていいのかわからない。レコード会社の社長からこんなことした方がいいんじゃないのとか、こうやって回った方がいいんじゃないのとか教えて頂いて。あっ、そんなこともするんだな、って思って言われたことをこなしてみるみたいな。

Kaori やってみたら自分たちの気持ちの方が追いついてなかった。

Jun:そうそう。CDショップへ挨拶に行ってtwitterで載せてくれたり、東京FMの番組に出てリリースの宣伝したり。そのときもどうやって宣伝しようっていうのでいっぱいでした。今考えると確かにそういうことやってる人すごいなって思ってたけど、すごいねすごいねって言われるのが一時期鬱陶しかった。だってさ、すごいねって言われても実際何もできてないからさ。

Kaori:そうなんだよね。あんまり実感がないというか。

Jun:ライブ日程もばーっと入って、挨拶回りに行くように言われて、今考えれば自分で行かなきゃ行けないんだけど。

Kaori:勝手を知らなかったからね。

脱退後の不安はないです

ーギターのNobさんが脱退になりましたが、これからはどういう体制でやっていきますか?

Jun:とりあえず、前にサポートをやってくれていたタカシにまた弾いてもらいます。

Kaori:「ファーストドリンク」のレコーディングは、タカシ君だから元に戻るって感じですね。だから雰囲気は変わらないです。

Jun:むしろこれがL8Rって感じです。

Kaori:そうだね。

Jun:誰がギターのアレンジを付けてきても、結局タカシのギターをチョイスすることになります。次のアルバムもたかしに全部リードギター付けてほしいって頼んだら、いいですよって言ってくれたので、今曲をどんどん送ってます。だから、脱退後の不安はないです。

ー12月11日にツアーファイナルを行いましたが、その前にも柴犬LUSHとコンピレーションアルバムをリリースしましたね。

Jun:柴犬LUSHのボーカルと一緒にバンドを昔やってて、お互いバンドをやってるってことで、何年振りかに連絡を取っていたら、柴犬とコンピレーションを一緒に作ることになりました。

Kaori:アルバム名は青空百景です。

ーコンピは「リピート」という曲を収録していますが、どんな曲でしょうか?

Jun:わーっと始まって、わーっと終わっちゃうような曲。

Kaori:いきなり始まって、気づいたら終わってる(笑)。お休みがない感じです。私が作詞なんですが、いつも音源を聞いてから歌詞書くんですよ。今回は重くて、ロックな感じなので、明るくないなと思って。私、ネクラな歌詞が多いので、「孤独」とか、単純にそれだけじゃなくて、何かないかなと思ったら自分の手が荒れてたんですよ。これだと思って。手荒れの歌なんです。リピートというのは、手荒れ繰り返しちゃうんで、リピートです。めっちゃ恥ずかしい(笑)。